読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏うぉっちング!!!

オタク、サブカルなどの理屈っぽい話はこちらで。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ後編/永遠の物語」を見たけど、みんな涙してた。

ようやく後編を見てきた。前編と変わらず、大きな物語上の変化はなかった。多少の追加シーンや修正はあったが、アニメ版のダイジェストといっても過言ではないと思う。だが、ただのダイジェストではない。アニメ視聴者が、劇場で見るからこそ、価値があった。正直、私は何度も目頭が熱くなってしまった。館内でも、放映中に度々鼻水をズビズビすする音や、目元に手を添える人たちがいた。既にアニメを見ている人にとっては、泣き所がわかってしまうのだ。それも、事前に公式で名言ランキングなるものをやってしまっているわけで、かく言う私も見事にそのランキング通りの場所で反射的に目に汗が溜まってきた。

 

まずは開始5分、「あたしって、ほんとバカ」でやられてしまい、杏子の「一人は寂しいだろ…」の場面で再度やられてしまった。まどかマギカはほむらの物語であると思っているが、私の中ではさやかと杏子の存在がやはり大きい。あまりに報われない結末を迎えたさやかと、不幸な生い立ちを経たにもかかわらず、こちらも最後まで救われることのない杏子。さやかは杏子にどれほど強い思いを持っていたかはわからないが、少なくとも杏子はさやかに対して強い感情を向けていたことは間違いないし、さやか自身に過去の自分を見つけていたような発言もしていた。不幸な二人がひかれあったのはある意味当然の結末なのかもしれない。

 

むしろ、本当の意味で救いがないのは、終始ぼっちだったマミさんだ。前編では、最も近い関係者でも遠い親戚止まりで、相談できる相手は誰もいなかったということが明かされていた。そして、杏さや、ほむまどのように、ペアとなる相手は存在しない。ネットで散々ネタにされていることもあり、正直マミさんが出てくるたびに笑ってしまうのだ。どの時間軸でも人知れずお亡くなりになるし(もはや死亡原因さえカットされる始末だ)、「円環の理に導かれた」などの中二発言は飛び出すし、魔法少女が魔女化するとわかった瞬間の取り乱しっぷりは今見てもひどすぎる(まどかが矢を放つのも無理はない)。しかも、時間繰り返すたびに、ほむまどの関係性の強さが際立っていき、もはや「マミさんとは何だったのか…」状態である。

 

それにしても、各キャラクターに忙しなく感情移入し続けるのは大変だ。後編は特にそうだが、各キャラクターがとにかく泣く場面が多いのだ。恐らく、一番多いのはほむらだろう。次がまどか、さやか、マミさん、杏子あたりだろうか。ほむら、まどかは圧倒的に涙する場面が多かった。それぞれの場面で涙するキャラクターに次々感情移入していくため、一つの山場を終えても、また次の山場が来てしまうのだ。そして、シャフトのあの演出。シャフ度だけでなく、無音で暗転する場面だったり、急に映像の繋がりを遮断するドアップ、スローの別シーンが流れたり、とにかく映像のメリハリが物凄いので、グッと引きつけられるのだ。「あたしって、ホントバカ」のシーンなどは、さやかのあの表情にいくまでに時間が長く感じたほどだ。

 

やはり、文字とおり「劇場」で見ることに意味があったのだと思う。DVDで見てしまうと、ここまで感情が昂ぶることもなかったかもしれない。アニメ版には初見であることの感動があったが、劇場版は五感に訴えてくる衝撃があった。改めて壮大な物語であったことを考えると、このような作品をゼロから作り出し、一つの映像作品に仕上げてしまう人間に素直に関心してしまう。かわいい女の子とは、常にオッサンの頭と心の中で生成されるものなのだ。