裏うぉっちング!!!

理屈っぽいです

漫画

漫画家の「キャラが勝手に動く」という表現と、「やがて君になる」7巻あとがきについて

たまに漫画家さんで「キャラクターが勝手に動き出すんです」と表現する人がいる。それは「ここではないどこかの世界で起きた出来事を、作家が受信して描いている」というのが今回言いたいことだ。何を言っているか分からないと思うが、私も分からないのでと…

2018年の面白かった本

2018年もKindleで読書してました。しかし、プログラミング本やアカデミックな本、ムックなど紙しかないものはもちろん紙で。紙の小説はなかなか持ち運びが難儀で読破できていなかったりします。 では2018年に読んで面白かった本を振り返ります。 CONTINUE SP…

【7選】2016年面白かった本&漫画

早くも2016が終わろうとしているので、「2016年読んで面白かった本と漫画」でも振り返ってみようと思います。 小説、新書、漫画などのジャンル問わず、あくまで「2016年に読んだもの」(2016年に発売ではなく)。 今年は映画が豊作だったので、本や漫画から…

【書評】押井守著『コミュニケーションは、要らない』 

各所で面白いという感想を見かけたのでようやく読んでみたが、まぁこれが面白い。著者の中で考えや意思がはっきりしているためか、原発や政治など様々な分野についてガンガン書き進められている様はまさに猪突猛進といったところか。そのため、時々意味が取…

【イベント】福本伸行トークライブ「逆境上等」に行ってきた

早稲田祭で行われていた福本伸行先生のトークライブへ行ってきた。裏でやってた津田大介氏や東浩紀氏のイベントのほうがレポ向きだったかもしれないが、先にこちらのイベントのことを知り、即チケットを購入してしまったので、最後まで見届けようと思った。…