読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏うぉっちング!!!

オタク、サブカルなどの理屈っぽい話はこちらで。

エアガイツは格ゲー初心者の救世主になるか?

今やゲーセンは、家族やカップルでにぎわう明るくキレイな場所になってきたけど、それはあくまで体感ゲームやプライズコーナーでの一幕だったりする。 一方、ビデオゲームは年々高度化・複雑化が進んで新規ユーザーのハードルが高くなり、実質一見さんお断り…

スマホアプリが左利きに厳しい

世の中は右利き中心に回っている。 改札のタッチも、自販機の投入口も、大体のものは右にある。 それは片手操作がデフォになってるスマホも同じで。 Twitterは投稿ボタンが右下にあるし、スマホゲームもよく使う昨日は右側に集約されている。ポケモンGOの頻…

ポケモンGO無課金レベル20を振り返る

ポケモンGO、無課金でレベル20に。ひたすら足で稼ぐ方法でも20まではいけると思う。 最後の方は経験値が2倍になるしあわせタマゴを使い、ひたすら貯め続けたポケモンの進化を繰り返して2レベルくらい上げた。 ガチ勢で課金してる人でも、1万円以内で済んでい…

ゆとりが選ぶ初代プレステ名作ソフト20

今年8月、電撃でこんな記事が掲載されていた。 dengekionline.com 小学校1年生のときにPSが発売され、12月が誕生日だったこともあり、誕生日プレゼントが初代PSだった。幼稚園時代にファミコン、スーファミは触れており、その後もゲームボーイやニンテンドー…

【ネタバレ全開】映画コープスパーティーと原作の違い

乃木坂46の生駒里奈さん主演の映画コープスパーティーを見てきた。若手起用作品にありがちな棒読み感と初々しさが個人的には好み。実写ひぐらしを見たときのような、ああこれは原作やアニメとは別物として愛でようという感覚。コープスパーティー ブラッドカ…

あなたにとってのクソゲーは、私にとっての神ゲーです

最近、まわりでやたらと「SHIROBAKO」が評価を受けているのが気になっている。クソアニメだとは思わないけど、個人的にはそこまで響くものはなかった。特に評価の高い複数名に尋ねてみると、以下のような答えが。「ちょうど内定をもらい、社会人を前にする自…

【書評】木原直哉著「運と実力の間 不完全情報(人生・ビジネス・投資)ゲームの制し方」 コンピュータの時代に、人間が打つ意味とは

運と実力の間(あわい)―不完全情報ゲーム(人生・ビジネス・投資)の制し方―作者: 木原直哉出版社/メーカー: 飛鳥新社発売日: 2013/06/08メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログを見る 「東大卒の日本人初ポーカー世界チャンピオン」というのが著…

【書評】梅原大吾著「勝ち続ける意志力」 その男、ストイックにつき

日本初のプロ・ゲーマーとして、世界の「ウメハラ」の名はどこかで目にしたことがある人が多いのではないかと思う。私は本書を読むまで知らなかったが、2010年には「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネス認定もされている。ウメ…